20150505、in put.

0
    〜in put day〜〜
    aoiちゃんと一緒に展覧会巡り。
    今回は3つ、選びました。

    ひとつめ、東京ステーションギャラリー「ピカソと20世紀美術展」

    ピカソをはじめ、美術界の大きな曲り角を創ったアーティストの作品がずらり。
    構成、展示は分かりやすく、素敵な展覧会です。
    思ったより混んでいなかったし
    ピカソ、、、ミロ、、オッペンハイム、、、ジャコメッティ、ベーコン、、、
    ウォーホル、、、、錚々たる作品がコンパクトにまとまっていて、お薦めです。

    次に向かったのは竹橋、国立近代美術館。
    ここでは片岡球子さんと、EXPO’70展です。
    ピカソに片岡球子、、、、って
    脳みそが割れる危険コースですが敢えての強行です。
    もう30年以上前に横浜高島屋?だったかな、、観覧したのだけれど
    いやいや、、立ち止って呼吸困難になるくらい衝撃的でした。
    年を重ねて改めて観てみるって、素敵な鑑賞方法。
    日本が平和だからこそ出来ることです。

    コーヒーブレイクを入れて、、、、
    (紙コップのコーヒー¥350)


    2Fで開催している「EXPO’70展」
    当時のトップクラスのアーティストの試行錯誤をどうしても知りたくて。
    亀倉雄策氏のこのポスター、ですよ。
    漆器と金のイメージ、記憶に残っています。

    アナログな手描きのデザインラフやポスターのコンペ作品が陳列されていて
    とても興味深い展覧会でした。
    こちらも錚々たるメンバーです。
    あの時代、子どもだった事がちょっと悔しいような。
    先達の方々の偉業に敬服。

    天気も良いし、お壕を渡りたくなって帰りは皇居東御苑、平川橋を渡って。

    石垣がスゴいのは確かだけれど
    形に合わせて鉄も切ってある、スゴい、平川門。

    どうしても石垣を見ていると、いろいろな顔に見えてしまう、、ふふ。

    天気に恵まれ、混雑もなく、心地よい刺激を受け
    とっても得をしたような展覧会巡りでした。

    国立博物館の鳥獣戯画展、根津美術館の光琳、、、
    その他まだまだ行きたいEXHIBITIONはたっくさんあります。
    今年はあと、どのくらい行けるでしょうか。

    そうそう、こんな言葉が、、、
    N O  M U S E U M ,  N O  L I F E !

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • デザインのお仕事、やまっぷ9。
      徳重くに江
    • 待ちに待った、生葉染め。大成功です!
      つーじー
    • アトリエオーク 無料アート講座 2014/06/07
      べんた

    links

    profile

    書いた記事数:496 最後に更新した日:2017/07/22

    search this site.

    others