紅梅の枝。

0

    昨日、近所の方から紅梅の枝をいただきました。

    紅梅の枝の切り口は赤いのです。

     

    染物にしたり、おもちゃ作りの材料にしたりします。


    in put行脚2017

    0

      学生時代の友人と共に展覧会を3つ。

       

      「絵巻まにあ」サントリー美術館

      日本人のアニメーションDNAを感じるマニアックな展覧会でした。

      「おなら」とか「地獄図」とか昔からみんな大好きなのね。

       

      はい、ここで吸い込まれるように不室屋でランチ。

       

       

      「雪村」東京藝大美術館

      絵巻と通ずるもの、、楽しんで描いている感じが伝わってきます。

      絶対笑いながら描いてるって!

       

       

       

      最後に「47こども道具展」ヒカリエ。

      bauでやっていることとかぶるので興味津々。

      使う人への心遣いや、木の面白さや美しさを考え

      試行錯誤しているところは同じだなぁと思い、

      自信が持てました。

      このままどんどん、bauらしさを追求しよう。

       

       

       

      はい、ここで同じフロアのd47食堂にて

      変わりつつある渋谷駅周辺を俯瞰しながらお茶しました。

       

      良き哉、良き哉。


      夏も終わり、、。

      0

        ミンミンゼミが断末魔の声をあげていました。

        カマキリに捕獲されたのです。

        その声をじっと聞くおっさん犬。

         

        気を取り直して散歩へ「GO!」(北川景子風に)

         

        去年のどんぐりがそのままに、

        今年のどんぐりの赤ちゃんがもうたくさん落ちています。

         

        真チョコ色だった犬の足も年とともに白っぽくなってきました。

        (この犬にはあと20年くらい生きて欲しいのですが

        まわりの者は長生きしすぎると犬だって妖怪になってしまうから

        そんなこと考えないようにと諭されます)

        (妖怪になってもいいと思うのですが、どんなもんだろうか)

        (妖怪になったら人格、、犬格も変わっちゃうんだろうか)

        今年も葛の花が散って、、、

        夏も終わりです。

        昨年までスルーしていた臭木(クサギ)。

        子どもの頃から嫌いな草だった。

        手に残るにおい、臭いし。

        だのに、、、

        今年は臭木を見る目がキラキラです。

        はやく実がならないかしらん。

        誰にも刈られませんように!

        (第三京浜沿いに目をつけていた臭木はきれいに刈られましたから)

        この花が実を結び

        その実から美しい青い色が染められるのです。

        藍以外に美しい青を染めるのはなかなか難しい

        頑張れ臭木!

        おばさんは待っているよ。


        ナガサキクロアゲハだって。

        0

          マフィンと裏の竹やぶを歩いていると

          大きな黒いアゲハチョウがひらりひらり、、、

          こ、これはもしかしたら

          先日、近所の昆虫好きの少年から教えてもらった、

          ナガサキクロアゲハでは!?

           

          「温暖化で横浜でも見られるようになったんです」

          今どき珍しい大きな捕虫網と三角虫かごを持って

          彼はそう言ったのだ。

           

          蝶は力なくひらりひらりと飛んで

          どんぐりの葉っぱに留りました。

          羽根がぼろぼろ、、、

          あそこに見えるおっきな柚の木に産卵し終えて、、

          そろそろ一生を終えるつもりなのだな。

          お疲れ様です、おかあさん。

          数週間もすれば貴女の子どもが見られるのかしら。


          夏も終わろうとしています。

          0

            今年の夏は何だったのでしょうか、、、。

            目まぐるしく、無計画に、想定外に過ぎ去ろうとしています。

            突発的な出来事に対応しながら

            その日その日を精一杯ギリギリでやり過ごした感、があります。

            戦友、チョコラBBよ、有難う!

             

            さて

            毎年夏休みに展覧会めぐりを計画するのに

            今回行けたイベントはチームラボのみになってしまいました。

            (メアリー・カサットの招待券があるので気力があったら行って見よう)

             

             

            相変わらずお台場は遠く、

            でもどうしても行きたかったので疲れるのを覚悟で

            aoiちゃんと行ってきました。

            さすが猪子さんです。

            靴を脱がせる、

            ボコボコの部屋、ふわふわの道、、

            全ての仕掛けが「非日常」を際立ててくれました。

            裸足のEXHIBITION、初めての経験です。

            ペタペタ、、と進め。

            自分が選んだプログラムが反映します。

            多分これは私がチョイスしたプログラムだと思う。

            その他、

            ドライアイスだと思ったら水!だったのね。

            私の蝶蝶が飛んでいる!

            等々、、、

             

            夏にふさわしく、会場を出て来た時は体中冷たくなっていて

            お台場の熱風が心地よかった。です。

             

            アートも変化して行くんだなぁと、つくづく。

             

             

             


            ホットロード、ハルヤマ。

            0

              金曜ロードショーで

              「ニモ」と、裏番組の「ホットロード」を並行して視てたんだけど、、

              結局「ホットロード」にチャンネルを合わせてしまった。

              何故なら、

              ハルヤマ役のこの男の子がびっくりするくらいかっこいい!

              「だれだれだれ〜!!??」こんな綺麗な人、タレントさんにいたかしら〜!?

              調べてみたらですね、、。

              三代目J Soul Brothers のボーカル、登坂広臣君という青年だったんですね。

              あのポッキーのCMのまん中の金髪のお兄さんです。

              この三代目J Soul Brothersさんて

              おばさんにはどなたがどなたであるか

              まるっきし見分けがつかない、興味も無い方々だったんですが

              今回を機に全ての方々のお顔の判別ができるようになりました。

               

              原作者がハルヤマ役は登坂君にと直々にご指名しただけあって

              めっちゃハルヤマしてたなぁ。

               

              横浜、湘南、江ノ島弁天橋、、ハルヤマ、三代目J Soul Brothers、、、

               

              翌日、おばさんはTSUTAYAへ行き、DVDを借りてきましたとさ。

               


              自然の中で。

              0
                港北ニュータウンの計画により今は全く様変わりして
                首都圏「移り住みたい場所」として
                かなり上位を占めるようになりましたが
                昭和40年代、このまちは田んぼと雑木林しかない
                日本昔話の中に出てくるようなひなびた場所でした。

                昔の名前や生態系を大事にしようという思いが
                古い住民の中にも新しい住民の中にもあり
                まちのあちこちに昔を思わせる風景があります。
                この北山田の「ふじやとのみち」も
                谷戸だったところを何とか残しています。

                この小川のすぐ近くに私たちの藍の畑があります。
                bauのメンバーのおかげですくすくです。

                そこからすぐ近くの地区センターでも藍を植えています。
                今年はこの藍の生葉染めが楽しみで楽しみで
                bauのメンバーもその時期を心待ちにしています。

                区内の作業所のものつくりのプロデュースのため
                今日も茅ヶ崎自然生態園に来ました。

                この枝たちをいただいてきました。
                ウワズミザクラ、エノキ、エゴノキ、ヒサカキなどなどです。

                聞こえてくるのは風の音だけ。
                生態園のなかをひとりでぶらぶらと歩いていると
                昭和40年代、小学生のころにタイムスリップしたような気持ちになります。

                素朴な自然の中で一瞬だけ心が澄みわたり
                本当のこと、というか、大事なことが見えたような気がしました。

                自然には敵わない。

                 

                印伝、ありがとう。

                0
                  今日は誕生日でした。
                  家人たちから印伝のパスケースのプレゼント。
                  我が家は誕生日プレゼントをリクエストし合うのではずれがなくて良いのです。
                  娘が新宿の印伝専門店から写真を送ってくれ
                  そこから選んだ紋様は「紗綾形」です。
                  卍の模様が斜めに入り、とぎれなく続く縁起の良い文様。
                  藍で染めた鹿革に白漆で模様を施すこの技法、
                  昔の鎧などに煌びやかに使われていたというのですから、戦に美あり、、ですね

                  名刺入れで使っているのに入っている紋様は「うろこ」、
                  邪気払い、魔除けの意味合いがあります。
                  柔らかい手触りでとても気に入っています。

                  印伝の面白さを教えてくれたのは
                  ミッドタウンの COVER THE NIPPON の店員さん。
                  ものとの出会いって不思議です。

                  今年のGWもおわり。母を迎え慌ただしく過ぎました。
                  母は数十年前のこの日に私を産んでくれたことを覚えていません。
                  「あら!私がですか!?まだ結婚もしていないのに」ですと。
                  笑うしかないです。
                  「ありがとうね」と伝えておきました。

                  世の中、介護の4コマ漫画が多いでしょう?
                  あれ、わかります。話題に尽きないもん。
                  イライラするけど、可笑しくって可愛くってどうしても怒れない。
                  笑っちゃうんですよね。

                  来年はどんな環境下にあることやら。


                   

                  レヴェナント、観た。

                  0
                    レヴェナント、観てきました。
                    アカデミー賞受賞のデカプリオの演技と
                    坂本教授の音楽が楽しみで。

                    しかし重い、、。重い。
                    このシーン、救われたのに直後が、、、。

                    主人公のヒュー・グラスはアメリカのヒーロー的存在のようです。

                    柏の、葉っぱのこと。

                    0
                      うちのディサービスの「こどもの日」企画、
                      柏の葉っぱを使って何やら楽しいことを考えている様です。
                      で、
                      私へのmissionは生の柏の葉っぱを集めてくること。

                      はいはい、
                      地元の方のお力を借りて集めてきましたよ。
                      私には昔から馴染みのある植物、こうたくさん集まると
                      テンションが上がりますね。
                      筍もいただき、早速ゆでました。



                      生の葉っぱはあの独特の香りがないのでいろいろ調べてみたら
                      茹でたり、蒸したりすると香りが出てくるそうです。


                      今日、簡単にお湯の中に入れたら
                      〜〜〜〜〜〜
                      あの、柏餅の香りがふんわ〜〜り〜〜

                      昔の人の知恵はすごいです。
                      明日、こどもの日は母と一緒に柏餅を作ろうかな。


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • デザインのお仕事、やまっぷ9。
                        徳重くに江
                      • 待ちに待った、生葉染め。大成功です!
                        つーじー
                      • アトリエオーク 無料アート講座 2014/06/07
                        べんた

                      links

                      profile

                      書いた記事数:496 最後に更新した日:2017/07/22

                      search this site.

                      others