データが来るまで、染めさせて。

0
    お客さんからデータが届くまで仕事が進まないので
    (すごい口実)
    ずっと我慢していた染物をしました。
    この夏、子どものアートでメニューとして扱うので
    サンプルが必要。
    昨日手に入れた布バッグの試し染めです。

    綿100%じゃないので心配しましたが、大丈夫、いけそうです。
    ついでにlinenのスカーフも色が飽きたので染め直しました。
    媒染液を途中で変えてグラデーション入りです。




    トートバッグ(綿100)は明礬で。

    onion染め。
    これだけ染めるのに結構な量が必要です。
    簡単だけど実は一般家庭で揃えるのは大変なのだと気付きました。

    JUGEMテーマ:草木染め&手織り

    草木染BIBOROKU:柏の新葉 2016/5/7

    0
      JUGEMテーマ:草木染め&手織り
      この時期、新葉は染まりにくいらしいが
      どうしても「今年の柏」を染めたくて挑戦してみる。

      ・精錬、下地処理(KLC-N)した綿布
      ・同量の柏の新葉
      ・鉄媒染(40%:多すぎた、、、)
      夜染めたので翌日、日光にあたるよう午前いっぱい干す


      外で撮らなければよかった、、。
      明るすぎて、、。
      昼寝していた犬の足さえ写っていた。

      、、、、、、、、。
      なんだかかわいくて一緒に載せます。

      鉄の分量が多かったけど紫がかった濃灰色に。(やった!)

      染めが堅いなぁと我ながら思う。
      も少しふんわり色をいただけないものか。
       

      今年の桜の、お色は。

      0
        「春、花の咲く前の桜から美しい桜色が染められるのです」
        ・・・・
        人間国宝の志村ふくみさんのことばのままに、色を追い求めました。
        あとから、
        その時の植物の生命と、こちらの生命の境涯如何で
        色はどのようにも変わってしまい、
        そして染まったその色が、草木のそのままの色だ と付け加えておられ
        桜が必ずしも桜色になるわけではないと知り、安堵しました。

        四苦八苦して出すことができた桜からの色。

        濃い樺色だったり、ピンク混じりの茶色だったり
        ほんのり桜色だったり、、、
        嬉しいのは同じように固執し繰り返し染め直す仲間がいるということ。

        まだまだ飽きそうにないこの作業、
        もう少し続けてみようと思います。
         

        春の、夕暮れ。

        0
          筍がやっと手に入りましたので
          今日の晩ご飯は筍ご飯です。

          狭い庭にも春は訪れ、、。
          我が家の桜は今が満開です。

          夕暮れと競いながら春の花を探しました。

          林檎。
          ベランダから降ろし、移し替えて心配してけど
          花がつきました。


          菫。
          裏の山から里子として我が家に。


          擬宝珠、ホスタ、うるい、、、。
          うちでは食しませんがこの時期、美味しい葉っぱです。
          巨大化したので株分けして、玄関の方に移し替えました。


          斑入りの山吹。
          もう少しするとやんちゃに枝を拡げてきます。


          木通。
          もうひとつの株の花が遅いので毎年どうしても
          実がならないね。
          今年は人工授粉かな。


          我が家で人気no.1の黒文字。
          雌株が花をつけました。


          あたりがだいぶ暗くなってきましたね。

          家人が好きな山椒。
          この新芽を少々頂戴して今日の筍ご飯に。


          春、春。

          染め物、悩。

          0
            桜。
            折っては、煮。

            煮ては、染め。

            気に入らなくて、また、折って煮る。

            煮ては、染める。

            ここのところ、この繰り返しです。
            まるで科学の実験。
            思った色になるまでこの挑戦は続く、、、。

            椿の花びら染めをして気を晴しましょう。

            酢酸に漬けている椿の花びら。
            bauのメンバーも各自、自宅で研究中のようです。

            1

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • デザインのお仕事、やまっぷ9。
              徳重くに江
            • 待ちに待った、生葉染め。大成功です!
              つーじー
            • アトリエオーク 無料アート講座 2014/06/07
              べんた

            links

            profile

            書いた記事数:496 最後に更新した日:2017/07/22

            search this site.

            others